本物の心理テスト 津田秀樹

怒りのツボは3種類あなたのツボ友達のツボはどれかを知っておこう!

 たとえば友達が待ち合わせに遅刻してきて、長く待たされて不愉快だったとき、なぜ遅刻したのかその理由を聞きたくなりませんか?

 誰かのせいで不愉快なことが起きたとき、その原因が何なのかを追求したくなる心理を【責任帰属】と言います。 心理学者のルールの「責任判断の3次元説」によると【責任帰属】は《正当な意図的加害》《不当な意図的加害》《怠慢・不注意》に分類されます。

《正当な意図的加害》とは「わかっていてやったことだけど、正当な理由がある」ということです。遅刻の例で言うと、「仕事が長引いて遅れた」という理由は、遅れるのはわかっていて仕事をしていたわけですが、途中で抜けられなかったのは、正当な理由と言えるでしょう。

《不当な意図的加害》とは「わかっていてやったことで、しかも正当な理由がない」ということです。遅刻の例で言うと、「途中で買い物してたから」「自分が待つのはイヤだったから」などの理由は、待たせているのをわかっていた上に、待たせていい理由にはなっていませから、不当と言えます。

《怠慢・不注意》は文字通りの意味で、遅刻の例で言うと、「寝坊した」「時計が遅れてるのに気づかなかった」などの理由がこれにあたります。

 同じ遅刻されても、以上の3種のどの理由なのかによって、腹の立ち方はちがってきます。人は出来事の不快さだけで怒るわけではなく、その理由次第で、ものすごく腹が立ったり、あまり腹が立たなかったりするのです。

 一般的に《正当な意図的加害》が最も腹が立たず、《怠慢・不注意》《不当な意図的加害》の順に怒りが高まります。しかし、個人個人で、どの理由で最も腹が立つかはちがいます。このテストでは、あなたの場合はどの理由で最も腹が立つかを測りました。

なめてんのかタイプ

あなたは友達の怠慢・不注意にいちばん腹が立つタイプ。「ガソリン入れ忘れてた!」 という友達のキャンセル理由は《怠慢・不注意》にあたります。ドライブに誘っておきながら、ガソリンを入れ忘れるというのは、まさに怠慢・不注意です。これがいちばん許せないあなたは、他人を許せるかどうかの基準が「どうしようもないことだったかどうか」にあり、どうしようもないことは許せても、どうにかできたはずのことは怒りがこみ上げるほう。

 もし友達がこのタイプなら、「ついうっかり」というような言い訳は、火に油をそそぐようなもの。言い訳するなら、「それならどうしようもなかったな」と相手が思ってくれるようなことを言いましょう。


友達の怒りのツボ3タイプのどれかを知っておいて、

本気で怒らせないように気をつけましょう!


Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2006 HONBAKO CO.,LTD. All rights reserved.