本物の心理テスト 津田秀樹

《高モニター》は異性をルックスで選び、

《低モニター》は性格で選ぶ!

【セルフ・モニタリング】という心理があります。その名称通り、「自分の言動を、外から見るように客観的にチェックして、状況にふさわしいように調整する」という心理です。

 たとえば、お葬式で笑ったり結婚式で暗い顔をしたり、その場にふさわしい態度をとれない人がいますが、そういう【セルフ・モニタリング】傾向の低い人を《低モニター》と言います。

 逆に、つまらないパーティーでも楽しそうにふるまったり、その場にふさわしい態度をちゃんととれる、【セルフ・モニタリング】傾向の高い人を《高モニター》と言います。

「それと恋愛に何の関係が?」と思うかもしれませんが、心理学者のスナイダーによると【セルフ・モニタリング】と「恋愛」には深い関係があるのです。

 じつは、恋人を選ぶときに、《高モニター》は外見重視で、《低モニター》は内面重視ということがわかっているのです。

 スナイダーらの行った心理実験では、「美人で性格の悪いジェニファー」と「不美人で性格のいいクリステン」という2人の女性のどちらとつきあいたいかを男性に選ばせたところ、《高モニター》の男性は約7割がジェニファーを選びました。

 逆に《低モニター》の男性は約8割がクリステンを選んだのです。

【セルフ・モニタリング】が高いか低いかで、女性を選ぶときの基準が大きくちがってくるわけです。

 クリステンを選んだ男性が8割もいたことを意外に感じる人もいるかもしれません。すべての男性が外見に弱いわけではないのです。容姿に自信のない人は《低モニター》の男性がお勧めです。性格がよくなければダメですが。

 なお、これは男性を対象とした実験ですが、女性も同じです。ただ、外見に「社会的地位」も含まれてきます。

内面重視タイプ

 あなたの好きな人は《低モニター》です。ですから 異性の「内面」を重視するタイプです。性格がいいというのはもちろんですが、「自分と合う」ということが大切です。

《低モニター》は自分の考え・気持ちを重視して、相手や状況に合わせて態度を変えることを好まないので、「自分らしくいられる」ことがいちばん大切。それができる相手は、自分の気持ちを大切にしてくれる性格のいい人であり、気の合う人です。

 こういう人の気持ちをつかむには、「空気を読んでよ」というような、【セルフ・モニタリング】を強制するようなことを言ってはいけません。あくまで相手の本心を大切にしてあげることが大切。そして「性格が合う」ことをアピールしましょう。


相手が《高モニター》ならオシャレが大切。手抜きは厳禁!

相手が《低モニター》なら気が合う相手を目指しましょう!


Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2006 HONBAKO CO.,LTD. All rights reserved.